親知らず治療

顎が痛い? 喉が痛い?

原因は親知らず!?

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 2262433_m-1024x683.jpg

次のような症状ありませんか?

✔︎ 耳の奥が痛い時がある
✔︎ 喉が痛い時がある
✔︎ ほっぺが傷ついてる時がある
✔︎ 奥歯のあたりがズキズキする

親知らずは、人によって生えてくる場合と生えてこない場合があり、生まれつき無い方もいらっしゃいます。その名の由来は、平均寿命がまだ40〜50歳であった頃に、20歳前後で生えてきたために、親知らずが生える頃は親が亡くなっていたからだ、と言われています。
智歯 (ちし) や第三大臼歯とも呼ばれることのある親知らずは、顎の骨の成長発育が終了した後に生えてくる事もあり、生えるスペースがない場合は変な方向に生えてくる事もあります。口腔ケアが行き届かない場合は歯周病に似た症状を発現し、顎関節や喉の奥まで痛みが広がる場合もあります。また、むし歯にもなりやすく治療がしっかりとできない程に奥に生えている場合は抜歯をしてしまうほうがいいこともあります
顎や歯の状態をしっかり診査し、抜歯の必要、不必要をしっかり見極めることが大切です。

当院では、歯をなるべく抜かずに治療すること、そして可能な限り痛みを少なくし、痛みに配慮をした治療を心がけています。
患者様の大切な歯が一日でも長く機能し、快適な生活を送っていただけるように、様々な知識や技術、方法を組み合わせて治療を進めます。

Daisy Dental Clinicの親知らず治療

1.治療前後のご説明

「治療期間はどれくらいかかるのか」
「費用はいくらかかるのか」 
「今日はどんな治療をするのか」
治療に対しての疑問や不安を持ちながら治療を受けたくはないはずです。
Daisy Dental Clinicでは、治療前はもちろん、治療後にも「今日は何をしたのか」「次回はどんな治療になるか」など、ご説明を欠かさず行います
気になる事、不安に思う事、なんでもご相談いただけたらと思います。

2.痛みや不安に配慮した治療

「痛いのは嫌だ」
「痛いのは苦手だから、続かない」 
「治療がなんとなくこわい」
そのように思われる患者様も多いことでしょう。そしてそれは当然です。しかし、治療を先延ばしにするほど、歯周病は悪化し、少しずつ、確実に歯を失っていきます。
Daisy Dental Clinicでは、可能な限り痛みの少ない治療を心がけていますので、痛みが気になる患者様も安心してお越しください。また、患者様の治療に対する恐怖心や不安にも配慮します。「治療はこわいからもうやめよう」ではなく、「治療はこわいけどもう少し頑張ってみよう」と思って頂けるようにスタッフ一同頑張ります。

3.徹底した消毒・滅菌で安心と安全を

親知らず治療では唾液・血液が器材に付着します。そのため汚染された器材の消毒・滅菌を徹底し、人から人への細菌感染を防止することはとても重要です。
しかしながら、不十分な衛生管理の問題が近年さかんに取り上げられました。皆様に安全な歯科治療を提供できるようDaisy Dental Clinicでは世界トップレベルの滅菌性能を備えた設備を導入し、器材の衛生環境は万全に整えております。ご安心ください。

4.治療中もリラックスした診療台

患者様の身体の負担を軽減するため、人間工学に基づいて設計された長時間座っていても疲れにくい診療台を導入しています。リラックスして、快適に治療を受けてください。